×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/    http://kanbun-iinkai.com    http://3rd.geocities.jp/miz910yh/  http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/   http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/   http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/


漢詩総合サイト

http://kanbuniinkai7.dousetsu.com



時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う
漢詩総合サイト

漢詩ジオシティーズ倶楽部

漢文委員会 fc2支部


 杜甫
  漂泊の詩


1060 宿白沙驛   


1127 宿白沙駅 (江陵を発つ)
大暦4年769年58歳

 杜甫の一家は岳陽で年を越し、翌大暦四年(769)の正月、洞庭湖を南へ下って潭州(湖南省長沙市)に向かいます。杜甫の故郷北の方角です。南の瀟湘へ向かった理由については諸説あります。乱後であっても北は不安定な状態であること、詩友いないなどで、帰っても生活するのに難しいというのが理由だと思います。
この時代、洞庭湖は現在の六倍の広さがあり、南に現在よりも50kmほど拡がっていました。洞庭湖の東南隅に青草湖があり、白沙駅という宿駅があります。杜甫は日暮れになって白沙駅の渡津に舟をつなぎました。

252 宿白沙駅(水宿仍余照)
宿白沙駅
水宿仍余照、人煙復此亭。
駅辺沙旧白、湖外草新青。
万象皆春気、孤槎自客星。
随波無限月、的的近南溟。

白沙駅に宿す 
消え残る夕陽  水辺に舟を泊め
今宵も水煙が  宿場の家から立ち昇る
駅亭の辺りは  白い砂浜がひろがり
岸辺には  青い若草が芽吹いている
すべては  春の気配を帯びはじめたが
一艘の筏に乗る私は  さすらいの星なのだ
波に揺られて   どこまでもつづく月の影
煌々と輝く中を  南の果てへ近づいてゆく



水宿(すいしゅく)  仍(な)お余照(よしょう)
人煙(じんえん)  復(ま)た此の亭
駅辺(えきへん)  沙  旧(もと)白く
湖外(こがい)    草  新たに青し
万象(ばんしょう)  皆  春気(しゅんき)
孤槎(こさ) 自(おのずから)ら客星(かくせい)
波に随う  無限の月
的的(てきてき)として南溟(なんめい)に近づく



 この詩も前半四句は叙景、後半四句は杜甫の心境を詠うお得意のスタイルです。頷聯(三、四句)の各句を後ろから一字飛びに読むと、「白沙駅」「青草湖」の名前が詠み込まれています。杜甫は本来、詩中で言葉遊びを重点においていません。しかし一般的に漢詩には、沢山の約束事、決まり事があります。そうしたテクニックは一般の人にはできないことで、詩の内容より技法を喜ぶ傾向がありました。杜甫もこうした隠し味を施し、地もとの人を喜ばせたのでしょう。詩で、売文で生計を立てているのですから、杜甫の矜持の範囲で精一杯の詩を書く必要があったのです。
 しかし、後半四句の心境を詠う部分は前向きでおおらかに謳いあげています。