×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/     http://kanbun-iinkai.com     http://3rd.geocities.jp/miz910yh/     http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/   http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/   http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/


 
漢詩総合サイト

http://kanbuniinkai7.dousetsu.com





時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う
漢詩総合サイト

漢詩ジオシティーズ倶楽部

漢文委員会 fc2支部






春夜
春宵 一刻  値(あたひ) 千金,
花に C香 有り  月に 陰(かげ) 有り。
歌管樓臺 聲(こゑ)細細(さいさい),
鞦韆(しうせん) 院落 夜 沈沈(ちんちん)。
 蘇東坡の詩

春夜  蘇東坡


B 春夜
春宵一刻値千金,
花有C香月有陰。
歌管樓臺聲細細,
鞦韆院落夜沈沈。

春の夜はわずかな時間でも非常な価値があり、
花には清らかなかおりがあり、月はかげることがある。
歌声と管楽器の音色が、高殿から微かに聞こえてきて、
(昼間は、少女が乗ってにぎやかだった)ぶらんこのある中庭に、夜は静かに更けていく。




春夜
春宵 一刻  値(あたひ) 千金,
花に C香 有り  月に 陰(かげ) 有り。
歌管樓臺 聲(こゑ)細細(さいさい),
鞦韆(しうせん) 院落 夜 沈沈(ちんちん)。




註釈
春夜:『千家詩』では「春宵」ともする。
春宵:春の夜。「春夜一刻値千金」としないのは、発音の美しさの外に平仄が関係する。「宵」は○で、「夜」は●。ここは○とすべきところ。
一刻:わずかな時間。ひと時。
値:値打ちがある。価値がある。動詞。
千金:価値が非常に高い。李白の『寄遠』「相思千萬里,一書値千金。」に似た雰囲気。
花有:花に…がある。
C香:清らかなかおり。
月有:月に…がある。
陰:現代語では曇りの意で、同じく蘇軾の「水調歌頭」(明月幾時有)に「人有悲歡離合,月有陰晴圓缺,」とある。この場合の「月有陰…」は、「晴」の対で「くもり」の意になる。ただし、月の光による物の影(張學成)、とも見られる。
歌管:歌声と管楽器の音。歌と音楽。
樓臺:高い建物。たかどの。御殿。
聲:音声。音色。「聲」は、人間の声と限定はされない。字義は多義に亘る。ここでは、おと。
細細:ひそやかである。
鞦韆:ぶらんこ。子供の遊具ではなく、年若い女性が乗って遊ぶ華やいだ物。昼夜の対比の妙を詠っている。
院落:中庭。庭の周囲は、建物か垣になっている。閉鎖的な感じのする庭。
沈沈:〔古白話〕静かに時の過ぎるさま。

春夜
春宵一刻値千金,花有C香月有陰。
歌管樓臺聲細細,鞦韆院落夜沈沈。




同じ、春を詠う
春夜 浣渓沙  和孔密州五言絶句 東欄梨花


   ページの先頭へ