×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/     http://kanbun-iinkai.com     http://3rd.geocities.jp/miz910yh/     http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/   http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/   http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/

 

漢詩総合サイト

漢詩ジオシティーズ倶楽部

漢文委員会 fc2支部

漢詩総合サイト     7ch
 漢文委員会7
  漢詩ZEROclub




時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 虞美人 王昭君  卓文君  劉細君  班u、  蔡炎  謝眺 上官婉兒  楊貴妃 薛濤  唐婉  魚玄機の詩  秋瑾
 李 白 楊貴妃を詠う
  李白 王昭君 二首
  白楽天 楊貴妃を詠う
 白楽天王昭君を詠う二首


 四大美女の詩

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う


漢詩総合サイト

http://kanbuniinkai7.dousetsu.com






昭君怨
秋木 萋萋(せいせい)として,其の葉 萎黄(いこう)す。
鳥有り山に處(を)り,苞桑(ほうそう)に集(むらが)る。
毛窒養育し,形容 光を生ず。
既に雲に升(のぼ)るを得て,上つかた曲房に遊ぶ。
離宮 絶(はなは)だ 曠(ひろ)くして,身體 摧藏(さいぞう)す。
志念 抑沈して,頡頏(けつこう)するを 得ず。
委食を得(う)と雖(いへど)も,心に徊徨(かいこう)する有り。
我 獨(ひと)り 伊(こ)れ 何ぞ,來往 常を變ず。
翩翩(へんぺん)たる燕,遠く西羌(せいきょう)に集(いた)る。
高山 峨峨(がが)たり,河水 泱泱(おうおう)たり。
父や 母や,道里 悠長なり。
嗚呼(ああ) 哀(かな)しい哉、憂心 惻傷(そくしょう)す。

昭君怨 王昭君


 王昭君ものがたり
   1.はじめに

 2.匈奴に嫁いだ悲劇の美女を生んだ地方とは 

 3.武帝(在位BC141〜BC87)の匈奴強硬外交

 4.王昭君が嫁いだ匈奴

 5.後日談として   (青塚)


昭君怨  王昭君      

秋木萋萋,其葉萎黄。

有鳥處山、集于苞桑。

養育毛秩A形容生光。

既得升雲、上遊曲房。

離宮絶曠、身體摧藏。

志念抑沈、不得頡頏。

雖得委食、心有徊徨。

我獨伊何、來往變常。

翩翩之燕、遠集西羌。

高山峨峨、河水泱泱。

父兮母兮、道里悠長。

嗚呼哀哉、憂心惻傷。


秋の樹木が茂って(いるが)、
(やがて)その葉はしおれて黄ばむ(ことになる)。
鳥が山に棲んでいて、クワの木の根元に集まってくる。
羽を育てて、美貌は光り輝いている。
御殿に昇ることとなったばかりか、上つ方後宮に過ごす身となった。
皇宮は極めて広い(ので)、(我が)肉体は、衰えくじかれてきた。
(我が)心は、沈鬱になってきている、鳥のように(大空を)飛び上がったり、舞い下りたりすることができなくて。
養っていただいているとはいうものの、心の中では、(自由に)さまようことを思う。
養っていただいているとはいうものの、通行状態が世の常と異なっているのか。
身軽く飛ぶツバメは、はるか西の方のえびす。
(間を遮るが如き)高山は、高く険しく、川の流れは、水の深く広い。
父よ、母よ、(故郷、漢の地までの)道程は、遙かに遠い。
(故郷、漢の地までの)道程は、遙かに遠い、憂えた心で、憐れみいたんでいる。






 王昭君:前漢の元帝の宮女。竟寧元年(紀元前33年)、匈奴との和親のため、呼韓邪単于に嫁し、「寧胡閼氏」としてその地で没した。名は檣。ともするが、『漢書・元帝紀』では前者「檣」。昭君は字。明君、明妃は、「昭」字をさけたための晋以降の称。蛇足になるが、「竟寧」(辺境がやっと平和になった)という年号は、とても分かりよい。元帝の慶びが伝わってくる。そのような状況下での通婚である。この時代背景から推察するに、元帝がその美貌を惜しんだという話は後世のものになるのではないか。

 この外、多くの子供をもうけ、夫の没後は、匈奴の習慣に従った再婚をし、父子二代の妻となり、更に子供を儲けている。子供達の名も記録されている。当の本人の願望はともかく、漢・匈奴友好使節の役を果たしたとも謂え、辺疆安寧のための犠牲になったとも謂える。なお、王昭君の七十余年前に、烏孫公主の故事がある。烏孫公主は漢の皇室の一族、江都王・劉建の娘で、武帝の従孫になる劉細君のこと。彼女は、西域の伊犂地方に住んでいたトルコ系民族の国家・烏孫国に嫁した。ともに漢王朝の対西域政策と軍略を物語るものである。

『昭君怨』:空高く飛ぶ鳥のさまから己の身を想い、遙かに離れ去ることとなってしまった境遇を詠う。『樂府詩集』に基づく。『怨詩』は『古詩源』のもの。『怨曠思惟歌』ともする。



秋木萋萋:秋の樹木が茂って(いるが)。 ・秋木:秋の樹木。 ・萋萋:〔せいせい〕草が茂っているさま。

其葉萎黄:(やがて)その葉はしおれて黄ばむ(ことになる)。 ・萎黄:しおれて黄ばむ。

有鳥處山:鳥が山に棲んでいて。 ・處山:山に居る。 ・處:〔しょ〕おる。いる。とまっている。おちつく。

集于苞桑:クワの木の根元に集まってくる。 ・集于:…に集まる。 ・集:鳥が木にあつまる。(鳥が)とまる。とどまる。本来鳥が木につどうさまを表す。  ・苞桑:〔はうさう〕クワの木の根。根本のしっかりしたもの。ものごとの根本のかたいこと。 *現代語の諺“落葉歸根”を想起するが…。もしも発想が現代語の成語と同じとすれば、「季節の移り変わりで、草木は(葉を)黄葉させて散らし、鳥は、元の古巣へ帰る」となる。

養育毛羽:羽を育てて。 *素質を研いた(結果)。 ・養育:はぐくむ。養い育てる。 ・毛秩F鳥の羽。獣の毛と鳥の羽。羽毛。

形容生光:容貌は、光を放っている。美貌は光り輝いている。 ・形容:顔かたち。容貌。また、有様。形状。ここでは、前者の意。 ・生光:光を放つ。輝きを放つ。

既得升雲:御殿に昇ることとなったばかりか。 ・既:とっくに…となったばかりか。 *「『得升雲』となったばかりか『上遊曲房』となった」という感じを表す。 ・得:える。…になれた。 ・升雲:立身出世する。雲居に昇る。雲上人(の関係者)となる。「升」≒昇。

上遊曲房:上つ方後宮に過ごす身となった。 ・上:雲上。天上。皇室。 ・遊:あそぶ。過ごす。 ・曲房:曲がりくねった女房(女官のへや)。屈曲した御殿。後宮のことになろう。

離宮絶曠:皇宮は極めて広い(ので)。 *なかなか皇帝の寵愛にあずかれないことをいう。 ・離宮:皇宮以外に設けられた皇帝の宮殿。 ・絶曠:はなはだ広い。 ・絶:はなはだ。きわめて。 ・曠:〔くゎう〕広い。大きい。(遮るものが無く)明かである。

身體摧藏:(我が)肉体は、衰えくじかれてきた。 ・摧藏:〔さいざう;〕くじけひそむ。おとろえかくれる。 ・摧:〔さい〕くじく。くだける。ほろびる。おとろえる。 ・藏:〔ざう〕納める。おさめる。かくれる。ひそむ。かくす。

志念抑沈:(我が)心は、沈鬱になってきている。 ・志念:こころざし。こころざし思うこと。 ・抑沈:おさえしずめる。抑制する。おさえつける。

不得頡頏:鳥のように(大空を)飛び上がったり、舞い下りたりすることができなくて。 ・不得:(獲得)できない。 ・頡頏〔けつかう〕鳥が飛び上がったり、飛んで下りたりすること。

雖得委食:養っていただいているとはいうものの。 ・雖:…であるとはいっても。…といえども。 ・委食:〔ゐし〕委ねやしなう。まかせくわせる。

心有徊徨:心の中では、(自由に)さまようことを思う。 ・心有:心の中では、…を思う。 ・徊徨:〔くゎいくゎう〕さまよう。

我獨伊何:わたしだけ、そもそもどうして。 ・我獨:わたしだけ。 ・伊何:そもそもどうして。・伊:口調を整えリズムをとるために用いる。格別の意はない。「伊誰」。

來往變常:通行状態が世の常と異なっているのか。 ・來往:往ったり来たりする。 ・變常:人とは異なる。通常の状態を変えて変則的になっている。ただ、これらのように「往復する」の意とすれば、王昭君の身の上と合致しないので、「來往」を「既往」の意、「来し方、過去」とすれば合うが。

翩翩之燕:身軽く飛ぶツバメは。 ・翩翩:〔へんぺん〕鳥が身軽く飛ぶさま。すばやいさま。前出白居易『燕詩示劉叟』 の青字部分に同じ。

遠集西羌:はるか西の方のえびす。チベット系の民族の許にとどまっている。 ・遠集:遠く…にとどまる。 ・集:とどまる。鳥が木にあつまる。本来鳥が木につどうさまを表す。 ・西羌:西の方のえびす。チベット系の民族。

高山峨峨:(間を遮るが如き)高山は、高く険しく。 ・峨峨〔がが〕山の高くけわしいさま。山の高大なさま。姿の立派なさま。

河水泱泱:川の流れは、水の深く広い。 ・河水:川の流れ。 ・泱泱:〔あうあう〕水の深く広いさま。立派で大きいさま。〔やうやう〕雲の起こるさま。この字は韻脚なので○の意とする必要がある。蛇足になるが、この時代の平仄は、押韻部では、平、または仄の区分がはっきりとある。

父兮母兮:父よ、母よ。 ・兮:〔けい〕口調を整えリズムをとるために附ける辞。格別の意はない。

道里悠長:(故郷、漢の地までの)道程は、遙かに遠い。 ・道里:道のり。道程。 ・悠長:遙かにながい。

嗚呼哀哉:ああ、かなしいことであるなあ。 *これで成語のようになっている。 ・嗚呼:ああ。ため息するときの言葉。 ・哀哉:かなしいなあ。

憂心惻傷:憂えた心で、憐れみいたんでいる。もの思いに耽っている。 *表情や態度に表さない、心の中での歎きをいう。 ・憂心:憂え。心配。 ・惻傷:〔そくしゃう〕憐れみいたましくおもう。


  

  

このページの先頭へ  トップページへ