×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/     http://kanbun-iinkai.com     http://3rd.geocities.jp/miz910yh/     http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/   http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/   http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/

 


漢詩総合サイト



時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち
 虞美人 王昭君  卓文君  劉細君  班u、  蔡炎  謝眺 上官婉兒  楊貴妃 薛濤  唐婉  魚玄機の詩  秋瑾
 李 白 楊貴妃を詠う
  李白 王昭君 二首
  白楽天 楊貴妃を詠う
 白楽天王昭君を詠う二首


 四大美女の詩

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う
漢詩総合サイト

漢詩ジオシティーズ倶楽部

漢文委員会 fc2支部

漢詩総合サイト

http://kanbuniinkai7.dousetsu.com












帝里の重陽節,
香園に 萬乘(ばんじょう) 來る。
邪を卻(しりぞ)けんとして萸佩(ゆはい)に入れ,
壽を獻じて 菊 杯に傳(つ)ぐ。
塔は類(に)る 天を承(う)けんとして湧くに,
門は疑ふ 佛を待ちて開くかと。
睿詞(えいし) 日月と懸(かか)げ,
長(とこし)へに昭回を仰ぐを得ん。




























上官婉兒 九月九日


■ 九月九日上幸慈恩寺登浮圖群臣上菊花壽酒


 上官宛兒は才女で宮妓としても名高い。彼女の20歳前後から世を去った40歳の時代は、宮廷は激動の時代であった。則天武后の皇帝即位、病死、クーデター、と目まぐるしく政変があり、後宮の女官、官妓として巻き込まれ、殺されてしまったのもしかたがないのかもしれない。





九月九日上幸慈恩寺登浮圖群臣上菊花壽酒 上官婉兒

帝里重陽節,香園萬乘來。

卻邪萸入佩,獻壽菊傳杯。

塔類承天湧,門疑待佛開。

睿詞懸日月,長得仰昭回。


天子のいらっしゃる所の重陽節会は、(慈恩寺)の庭園に天子御一行が来られた。
邪気を祓(はら)うために、かわはじかみを身に附けて、長寿を祝福するために、さかづきがめぐらされた。
(慈恩寺の)仏塔は、天を支えるために、勢いよく湧き出しているのに似ており門は、慈悲に満ちた仏様(=仁徳あふれる天子様)の来るのを待っていて開いたのかと疑ってしまった。
天子のお言葉は、日月のように至高・至尊のものとして、心にかけて、(太陽や月のような存在の天子様を)とこしえに光り輝きながらめぐっているのを(わたしども臣下は)あおぎ見続けている。



九月九日上幸慈恩寺登浮圖群臣上菊花壽酒
陰暦九月九日に、慈恩寺に行幸されて寺塔に登高され、羣臣が菊花の寿酒をたてまつった。
 ・九月九日:重陽節(ちょうよう)。・上幸:天子が巡幸したてまつる。 ・幸:天子が皇宮を出て、他所へ行くこと。みゆき。 ・慈恩寺:陝西省長安の南東3キロメートル、曲江の北にある。・浮圖:〔ふとbuddhaのブッダ)寺塔。仏塔。ここでは、慈恩寺の塔のことになる。=浮屠。 ・群臣:くの臣下。まえつきみ。 ・上:たてまつる。 ・菊花壽酒:菊の咲く時期に菊の茎や葉を黍(きび)に混ぜて醸(かも)し、翌年の菊花節(重陽節)に邪気を祓(はら)うために飲む酒。また、杯に菊花を浮かべた酒。菊花酒。

帝里重陽節:天子のいらっしゃる所の重陽節会は。
・帝里:天子のいる所。 ・重陽節:〔ちょうようせつ〕陰暦九月九日のこと。この日に高い丘などに登り、茱萸(しゅゆ=かわはじかみ  ぐみ)の実を頭に差し挟むと邪気を祓(はら)うとされた。九は陽数の極で、その九が重なるから重陽といった)。 ・重陽節:〔ちょうようせつ〕陰暦九月九日に宮中で催される観菊の宴。菊の茎や葉を黍(きび)に混ぜて醸(かも)した酒、または、杯に菊花を浮かべた酒を酌みかわし、長寿を祝い、群臣に詩を作らせた。

香園萬乘來:(慈恩寺)の庭園に天子御一行が来られた。
 ・香園:寺院の庭。 ・萬乘:天子を謂う。「一天萬乘」の君。周代の制で、天子は戦時に兵車万乗を有したところから謂う。

卻邪萸入佩:邪気を祓(はら)うために、かわはじかみを身に附けて。
 ・卻邪:邪気を去る。邪気を祓(はら)う。邪気を棄却する。 ・萸:〔ゆ〕茱萸:〔しゅゆ〕のこと。ぐみ。重陽の日に登高して、この喬木の実を頭に挿して邪気を払う。初夏に黄色い花をつける。 ・入佩:身に附ける。「結佩」ともする。 ・佩:〔はい〕おびだま。腰に下げる飾り玉。また、帯びる。腰に下げる。身に付ける。

獻壽菊傳杯:長寿を祝福するために、さかづきがめぐらされた。 
・獻壽:人の長寿を祝福すること。 ・菊:重陽の節句に菊花を餐し酒に浮かべて邪を去るという風習 ・傳杯:さかづきをめぐらす。

塔類承天湧:(慈恩寺の)仏塔は、天を支えるために、勢いよく湧き出しているのに似ており。
 ・塔:ここでは、詩題中の慈恩寺の浮圖のこと。 ・類:似る。 ・承天:天を支える。 ・湧:(塔勢は)水が勢いよく噴き出しているかのようなさま。

門疑待佛開:門は、慈悲に満ちた仏様(=仁徳あふれる天子様)の来るのを待っていて開いたのかと疑ってしまった。 
・疑:…かと疑う。 ・待佛:慈悲・仁徳に満ちた方の来るのを待つ。尊敬表現。

睿詞懸日月:天子のお言葉は、日月のように至高・至尊のものとして、心にかけて。
 ・睿詞:天子のお言葉。 ・懸:(心に)かける。つりさげる。 ・日月:太陽と月。至高・至尊のもの。 ・懸日月:天にかかっているもの。(法令を)かかげて示す。

長得仰昭回:(太陽や月のような存在の天子様を)とこしえに光り輝きながらめぐっているのを(わたしども臣下は)あおぎ見続けている。
 ・長得:とこしえに。 ・仰:あおぐ。 ・昭回:〔しょうかい〕光り輝きながらめぐる。





帝里の重陽節,
香園に 萬乘(ばんじょう) 來る。
邪を卻(しりぞ)けんとして萸佩(ゆはい)に入れ,
壽を獻じて 菊 杯に傳(つ)ぐ。
塔は類(に)る 天を承(う)けんとして湧くに,
門は疑ふ 佛を待ちて開くかと。
睿詞(えいし) 日月と懸(かか)げ,
長(とこし)へに昭回を仰ぐを得ん。



このページの先頭へ  トップページへ