×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/    http://kanbun-iinkai.com    http://3rd.geocities.jp/miz910yh/  http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/   http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/   http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/

 



詩の訳文

白い練り絹の面から風や霜がわき起こるかとおもわれるのは、青黒い鷹の絵の出来映えが素晴しいからだ。
その鷹は肩を怒らせてはしこい兎を狙おうとしているのであろうか、その横目に睨んでいる心配顔のトルコ人に似ている。
足をくくるひもの環輪は手で摘み取ることができそうに光っており、軒端の柱のあたりで呼べばすぐにも飛び出しそうな勢いがある。
いつかは凡鳥どもを敲き伏せ、毛や血を平原に撒き散らすことであろう。

































畫 鷹              
素練風霜起、蒼鷹画作殊。
雙身思狡兎、側目似愁胡。
絛銑光堪摘、軒楹勢可呼。
何当撃凡鳥、毛血灑平蕪。


時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う
漢詩総合サイト

漢詩ジオシティーズ倶楽部

漢文委員会 fc2支部













下し文
画 鷹
素練それん風霜ふうそう起こり
蒼鷹そうよう画作がさくことなり
身を雙そびやかして狡兎こうとを思い
目を側そばだてて愁胡しゅうこに似たり
絛銑とうせん光摘むに堪え
軒楹けんえい勢い呼ぶ可し
いつか当まさに凡鳥を撃ちて
毛血平蕪へいぶに灑そそぐべき































































畫 鷹              
素練風霜起、蒼鷹画作殊。
雙身思狡兎、側目似愁胡。
絛銑光堪摘、軒楹勢可呼。
何当撃凡鳥、毛血灑平蕪。


  9. 畫鷹  


  9. 畫鷹



9 畫鷹 (就職活動する。)
 五言律詩。絵にかいた鷹についてよんだ詩。天宝元載 742年31歳

畫 鷹 
素練風霜起、蒼鷹画作殊。
雙身思狡兎、側目似愁胡。
絛銑光堪摘、軒楹勢可呼。
何当撃凡鳥、毛血灑平蕪。

白い練り絹の面から風や霜がわき起こるかとおもわれるのは、青黒い鷹の絵の出来映えが素晴しいからだ。
その鷹は肩を怒らせてはしこい兎を狙おうとしているのであろうか、その横目に睨んでいる心配顔のトルコ人に似ている。
足をくくるひもの環輪は手で摘み取ることができそうに光っており、軒端の柱のあたりで呼べばすぐにも飛び出しそうな勢いがある。
いつかは凡鳥どもを敲き伏せ、毛や血を平原に撒き散らすことであろう。


画 鷹
素練それん風霜ふうそう起こり
蒼鷹そうよう画作がさくことなり
身を雙そびやかして狡兎こうとを思い
目を側そばだてて愁胡しゅうこに似たり
絛銑とうせん光摘むに堪え
軒楹けんえい勢い呼ぶ可し
いつか当まさに凡鳥を撃ちて
毛血平蕪へいぶに灑そそぐべき


 開元は二十九年で終わり、翌年は天宝と改元されます天宝元年に「おば」が亡くなり、杜甫は墓誌銘を作って丁寧に葬ります。
杜甫の毎日は「尸郷の土室」から洛陽に出かけ、知友と交わったり、権貴の邸宅に招かれて詩を贈ったりしました。この交際は就職活動で、当時の文人、知識人の誰もがやっていました。

 「画鷹」(がよう)はその就職活動の題画詩のひとつです。唐代の絵画は壁画が主流ですが、「素練」(白い練り絹)に絵を描くことも始まっていたようです。題画詩は絵の余白にちなんだ詩を書きつけるものです。


9. 畫鷹(素練風霜起)
杜甫は見事に詩と鷹を描いています。この詩も前二句、中四句、後二句の形式になっており、中四句の鷹の描写に杜甫の才能の鋭さが覗われます。


・愁胡:心配顔のトルコ人。晋の孫楚の「鷹の賦」に「深目蛾眉、状は愁胡に似たり」とある。・僚鉱:鷹の足をくくったひもを通す金属の環輪。 ・樋:摘に通ず。つまむ。

○素練 しろいえぎぬ。○風霜起 絹面の白きと鷹の勢いとより霜を連想したもの。○蒼鷹 ごましおの羽色のたか。○画作 画のできぐあい。○殊 尋常でない。○攫身 渡は心に従って健に作るべきである。字の誤りであり、優は疎に同じく、そびやかすこと。身をそびやかすとは肩を怒らすようにすること。〇枚兎 ずるいうさぎ。○側目 よこめににらむ。○愁胡 心配そうなかおつきをした胡人。鷹の目つきを愁胡にたとえることは晋の孫楚の「鷹ノ賦」にみえる。○候 さなだひも。○錬 ろくろ仕掛けの金環。鷹の足をさなだ抄もでくくり、この環につないでおく。○光堪摘 光とは鋲のうごくにつれひかることをいう。楠の字は疑わしいが旧注は解去の義ととく、つまんでとりさることをいう。○軒橡 のきば、はしら。○勢 鷹の猛き勢い。○可呼 呼ぶとはこの鷺にかけごえをして猟をさせることをいう。○何当 何は何時の義。○凡鳥 烏雀の類。○平帝 蕪とは荒野をいう。

○韻字 殊・胡・呼・蕪。

画 鷹
素練それん風霜ふうそう起こり、蒼鷹そうよう画作がさくことなり
身を雙そびやかして狡兎こうとを思い、目を側そばだてて愁胡しゅうこに似たり
絛銑とうせん光摘むに堪え、軒楹けんえい勢い呼ぶ可し
いつか当まさに凡鳥を撃ちて。毛血平蕪へいぶに灑そそぐべき