×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

古風 五十首について


  古風五十九  
  古風五十九首其一 李白 150  翰林学士として天子の助言者たりえたいと思っていた。吐蕃に対して「和蕃書」の起草等、それを示すものである。「古風 其の一」は李白が官吏として意欲をもっていた743年天宝二年夏まえの作品。
  古風 其三 李白 106  始皇帝の行った数々のことはおろかなことである、神仙を愚弄したものであり、結果は、「金棺の寒灰を葬る。」と。
  古風 其五 李白 107  道教を人生の指針に
  古風 其六李白120  戦争の抒情詩
  古風 其七 李白108  神仙思想への憧れ
  古風 其八 李白117  古今の賢人について
  「古風」 第九首李白109  荘子の「斉物論」を引き、ついで秦の東陵侯邵平をと引き合いに出し、損得勘定にあくせくする俗人に対して夢を持つことを述べている
  古風 其十 李白126  先人の生き方
  古風 其十一 李白140  人は老いるのは早い
  古風 其十二 李白141  
     
  古風 其十四 李白151  
  古風 其十五 李白152  
  古風 第十八李白110  
  古風 其十九 李白153  
     
  古風其二十二  李白181  
     
  古風 其二十三 李白166  
     
  古風 其二十四 李白172と玄宗(5)  
     
     
  古風 其二十六 李白173 と 玄宗(6)  
     
  古風其三十七 李白177  
  古風其三十九 李白178  
     
     


古風五十九首 其四十 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白198

古風 其四十八 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集 262/350